・・・みんなが聖なるキリスト・・・
 
囁き・・・


自分の人生の

何もかもを

聖霊に差し出すことができたなら

どんなにか

心が

解き放たれるだろう。



そして

自分の人生の

何もかもの主導権を

聖霊に明け渡すことができたなら

どんなにか

安心できることだろう。



まだまだ

自分の人生というものを

リアル化して掴んでしまうけれど


自分の力で

コントロールしようとしてしまうけれど

 

そして、それが上手くいかなくて

 

悩んだりしてしまうけれど


それでも

聖霊にすべてを差し出して

聖霊にすべてを明け渡している

そんな自分を

 

目を閉じて

思い浮かべてみたら


私の心が

何とも言いようのない

深い温かさを憶える。



心の奥の方から湧き上がってくる

 

何とも言いようのない

やすらぎを感じる。



そして

それが

真の幸せへの歩みなのだよと

私の心が

囁いてくれている。
 

 

 

 

 

【2019.08.13 Tuesday 10:34】 author : AKI
| AKIの独り言 | comments(0) | - |
生きる目的

 

生きる目的・・・

それは人それぞれで
いろんな目的があると思われています。

それは仕事での成功であったり
スポーツでの成功であったり
趣味を楽しむことであったり
家庭や家族のことであったり
お金を稼ぐことであったり

力や権力を手に入れることであったり・・・

様々な人生の目的があると思われています。


あるいは
人生の目的が見つけられなくて
悶々として生きている人も
いらっしゃるかもしれませんね。


実は私も
後者の人として
生きてきたようです。


でも真実は
人生の目的は2つしかないといいます。


私たちが持てる人生の目的は
2つのうちのどちらかでしかないというのです。


ひとつは

この投影された夢の世界を
唯一の現実世界として

この世界に属する目的をもって
生きていくという生き方。


もうひとつは
この投影された夢の世界を
夢の世界として

そこから目覚めるという目的をもって
生きていくという生き方。


この2つしかないといいます。


同じ夢の世界にいながらも
前者は夢そのものを目的とし
後者は夢からの目覚めを目的としています。


この地球世界という文明において
私たちは夢の世界を
唯一の現実世界と信じ

その夢の世界の中で展開する
ありとあらゆる夢物語のなかで
生きる目的や生き甲斐を
探し続けて生きてきました。


それらの目的が
どんなカタチを取ろうと
それらはこの夢に属する目的でした。


それらの目的は
この夢の世界を
更にリアルにさせていきました。


ところが
この夢の世界で
戦い、さまよい続けることに疲れ果て

本当の世界を知りたい
本当の自分を知りたい・・・

と思うようになっていった人たちのために
新たな道が開かれていきました。


この分離の夢から目覚めていく道が
開かれていきました。


それが

五井先生の「消えてゆく姿で世界平和の祈り」という道であり

ACIM(奇跡講座・奇跡のコース)の「赦しの実践」という道なのです。
 

 

 

 

=====================
◆メールでのご相談→こちら
=====================

 

 

 

 

 

【2019.08.09 Friday 08:54】 author : AKI
| AKIの独り言 | comments(0) | - |
微笑みながら


この世界は何のためにあるのかというと
それは神さまに差し出して
持っていっていただくためにある。


光へと変えていただくために
この世界はある。


愛そのものに変えていただくために
この世界はある。


言い換えると
この世界は
神さまのみ心を現すためにある。


だから
日常のもろもろをこなしながらも

それらを
聖霊に差し出し続けることを
忘れないでいたい。


私という幻想も
あなたという幻想も
私の生活という幻想も
私の人生という幻想も
この世界という幻想も

何もかもを
聖霊に差し出し続けることを
忘れないでいたい。


そして
何もかもを
改めて聖霊からいただき直し

この世界が
神さまの愛を反映していく姿を
そんな楽しい夢を
そんな幸せな夢を

微笑みながら
眺めていたい。

 

 

 


=====================
◆メールでのご相談→こちら
=====================

 

 

 

 

 

【2019.08.08 Thursday 07:45】 author : AKI
| AKIの独り言 | comments(0) | - |